リフォーム

耐震補強

20年から30年前の住宅では、続き間と言われる奥座敷、茶の間がありました。柱を表す真壁という納まりによって壁が造られていました。そこで左官工事での塗り壁を取り除き、筋違い、金物、構造用合板等を使って壁の耐震性、耐力性を補強し、断熱材を入れる事により断熱性能を上げる工事です。

オール電化

最近では太陽光による発電がありますが、建物のエネルギーを灯油・ガス等から電力に切り替える工事になります。
例  ○ガスコンロ→IHヒーター
   ○ボイラー→エコキュート
   ○石油ヒーター→蓄熱暖房機・床暖房

外壁・屋根・塗り替え工事

外壁・屋根の塗り替えの目安として、御柱年の前後といわれています6,7年に一度ですが、ある程度のメンテナンスをする事で、下地等も長持ちするので、色落ち等が目立つ様でしたらご検討して下さい。

エクステリア(外溝工事)

○車庫(カーポート)
○アプローチのインターロッキング工事
○舗装工事
○土間工事
○差し掛け工事
○サンルーム工事
○フェンス工事

和室~洋間へのリフォーム工事

○畳の部屋からフローリングの部屋へ
○床下の断熱をしながらイス・テーブル・ベットのある生活へ