新築-木造建築- 工事の流れ

①敷地調査・地盤調査

建築予定地における立地条件(日当たり、風当たり、傾斜地、進入道路等の連絡口状況)を確認し、地盤調査を行います。

②地鎮祭

地鎮祭は工事に先立ち敷地を清め、工事中の安全と建物の末永い加護を願う祭りです。御要望に合わせ神主様・お坊様を御紹介致します。あわせて近隣へのご挨拶も行います。

③基礎工事

べた基礎による基礎工事.内部立ち上がり部分に30ミリスタイロフォーム断熱材を張り付け、施工します。

④建て方

建て方は、棟梁や親方達が一同に集まり、構造材を一つ一つ組み、家の形を造ります。柱や梁が、2日間程で棟梁の力と技で立派な佇まいに施主様も家づくりを実感できます。

⑤上棟式

「上棟式」は建前(タテマエ)とも呼び、無事棟(むね)が上がった事に喜び、感謝するものです。上棟式は「儀式」というよりも施主が職人さんをもてなす「お祝い」と言えます。工事に関わった人が一同に会し今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。

⑥中間検査

中間監査とは
1.安全な建物を実現するために工事の中間段階で査を実施し、基準を満たしていることを 確認します。
2.建物の構造の安全性を事前に確認するのが主な目的です。

⑦内部造作

内部の下地を組み上げて天井・壁・床等の施工をします。
合わせて電気配線、断熱材敷きこみの工事を行います。

⑧外壁工事・太陽光工事

サッシ周りの防水処理をした上で外壁材を施工します。
ご希望に合わせて太陽光パネルの設置工事も施工します。

⑨仕上げ工事

内装クロス貼り・塗装工事、証明器具、トイレ、キッチン、水周り等の器具取り付けを行います。

⑩外溝工事

外構工事は、歩道や道との境界に作る塀や生け垣、玄関へのアプローチ、駐車場や門扉、花壇や庭の大枠を外構工事と言います。(見積に含んでいる外構)その他にも、飛び石や砂利敷き、土地の水勾配やU 字溝、人孔(マンホール)やメーター類の移設も外構工事になります。車庫(カーポート)・サンルームの施工も行います。

⑩完成・引渡し

建築工事がすべて完了し、竣工検査で指摘した不具合がちゃんと手直しされているかなどを確認していただき、設備の取扱の説明や鍵を御引渡します。